銀河への旅に出た!?新しい響きを常に探求した有名人

世界で最も有名な日本人!?

おそらく世界で最も有名な日本人の一人だと言われる作曲家がいるんですよね。まだ楽器としては未知数だったシンセサイザーをいち早く個人的に購入して、クラシックの名曲を全く新しいサウンドでよみがえらせたアルバムを発表し、世界的評価を得たんですよ。最新の電子音響とクラシックのダイナミックな融合は、20世紀の音楽の流れを大きく変えたんですよね。新しい響きへの探求はレコードの世界にとどまらず、野外での一大音響イベントにも展開したんですよ。

豊かで色彩的な楽器法!

有名人が音楽に目覚めたのは、終戦直前の少年時代だったんですよね。手製のラジオから偶然流れてきた米軍の放送局による近現代音楽がきっかけだったそうですよ。大学在学中に作曲の手ほどきを受け、ラジオやテレビの音楽を担当して、作曲家の道を歩み出したんですよね。作品は大河ドラマからアニメや特撮まで多岐にわたりますが、どれも豊かで色彩的な楽器法に満ちていて、一度聴いただけで分かるサウンドを刻印していたんですよ。

真っ暗な海に一人でこぎ出す気分!?

根が科学少年である有名人の音楽は、シンセサイザーとの出会いで宇宙的なサウンドを開花させることになりますが、最初は「真っ暗な海に、たった一人でこぎ出す気分だった」そうですよ。作曲家に必要なことは?と聞かれると「一に早さ、二に体力、才能はその次」と即答していましたね。80歳を超えて、亡くなる直前まで、宇宙をテーマにした新しい舞台作品の作曲にいそしんでいたんですよね。もしかしたら今も、何か新しい響きの夢を思い立ち、ふと、銀河への旅に出ただけなのかもしれないですね。

偉大な人物である山本英俊。常に時代の先を読むことで、経済をけん引している存在になります。そのため、多方面に大きな影響力を持ち合わせています。

Posted by / 2016年 7月 25日